光熱費、通信費

それでは、家計簿の中から具体的に節約できそうな部分を考えてみましょう。
まずは、光熱水道費、通信費をみてみます。
これらは、毎月必ず出ていく出費なので、見直しできれば大きな節約になります。

【例:毎月の出費】

・光熱水道費 :20,000円
・通信費   :25,000円

これだけでは、何にどのくらい使っているのかわかりません。
内訳を細かく見た上で、節約できそうな部分を考えてみてください。

また、夏と冬では費用が大きく変わるため、
年平均を出して目安の金額を把握することも大切です。

・電気   :9,000円 (-1,000円目標)

 >エアコンの温度を調整する
 >使っていない家電のコンセントを抜く
 >電気ストーブを止めて、灯油ストーブにする 

・ガス   :6,000円(-1,000円目標)

 >お湯を使いすぎない(設定温度を下げる)
 >お風呂は冷める前に入る(追い炊きしない)
 >圧力鍋を使ってガスを使う時間を短くする

・水道   :5,000円(-1,000円目標)

 >洗い物、洗顔、歯磨きの時、水の出しっぱなしを止める
 >シャワーはこまめに止める
 >お風呂の水は洗濯に再利用する

・固定電話 :2,000円(現状維持)

・携帯電話 :16,000円

 >携帯ショップに行って通話プランを見直す(-2,000円目標)

・インターネット :4,000円(現状維持)

・ケーブルテレビ :3,000円

 >あまり見ていない場合、契約を止める(-3,000円目標)


上記の場合、合計で8,000円の節約になりました。
光熱水道費は地域によってもかかる金額が違います。
また、通信費も、家庭によって節約できるところが違ってきます。

家庭内でできそうな節約なのか、家族と話し合ってみましょう。

 1.家計の見直し

 2.人生の3大出費

 3.年収と貯蓄

 4.月収と貯蓄

 5.ライフプランと貯金

 6.家計簿

 7.支出の見直し

 8.予算を立てる

 9.項目別見直し

10.家計見直し例

11.まとめ

Copyright © 2010 家計の見直しN@VI. All rights reserved