支出を見直してみましょう

貯金を続けるにはコツがあります。
それは、毎月の収入から、先に貯金したい額を貯金しておく方法です。
これを先取り貯金と言います。

「給与-支出=貯金(余ったお金を貯める)」ではなく
「給与-貯金=支出(残りのお金で生活)」という方法で、お金が貯まっていきます。

毎月貯金用の通帳に先にお金を入れてしまうのも良いですし、
どうしても使ってしまうという人は、会社の財形貯蓄制度を利用して、
給与から天引きで貯金するようにすれば、気軽におろせなくなります。
先ほどの例でみてみましょう。


【収入】
・手取り月収(30万円)

【支出(月)】
・家賃    :80,000円
・住宅維持費 :0円
・食費    :50,000円 → 45,000円(5,000円マイナス)
・光熱水道費 :20,000円
・通信費   :25,000円
・交通費   :10,000円
・慶弔費   :5,000円
・娯楽費   :20,000円 → 15,000円(5,000円マイナス)
・日用品費  :5,000円
・美容費   :5,000円
・被服費   :5,000円
・こども費  :10,000円
・夫こづかい :30,000円
・妻こづかい :5,000円
・保険料   :20,000円
・貯金    :10,000円 → 30,000円(20,000円プラス)
・その他   :10,000円 → 0円(10,000円マイナス)

支出:27,0000円
貯金:30,000円(年間36万円)

こんな風に、最初に貯金額を決めた後、
足りない分を項目別にどのくらい節約できるか考えてみることで、家計を見直しできます。

最初から無茶な目標を立てると続きませんので、
少しずつ減らせそうな部分を考えて数ヶ月単位で調整してみましょう。

急に極端な節約を始めて挫折するよりも、
段々と目標に近づけていくことは成功の秘訣です。

 1.家計の見直し

 2.人生の3大出費

 3.年収と貯蓄

 4.月収と貯蓄

 5.ライフプランと貯金

 6.家計簿

 7.支出の見直し

 8.予算を立てる

 9.項目別見直し

10.家計見直し例

11.まとめ

Copyright © 2010 家計の見直しN@VI. All rights reserved