ライフプランと貯金の関係

ライフプランを立てる、と言ってもイメージが湧かないと思います。
ライフプランを検討することはとても大事です。

今までの貯金、これから貯金できる金額、将来の支出を考え、
赤字の時期がないように調整できるのです。

たとえば、毎月3万円貯金、
ボーナス込みで年100万円貯金できている家庭があるとします。

子供が出来たから家を買おうと思って、
貯金1000万を全て頭金にして住宅ローンを組みました。

住宅ローンの金額は家賃と同じ9万円です。
メンテナンス費用や固定資産税に月2万円掛かります。
月2万出費が増えたので、毎月の貯金額は1万円に下がりました。

年間の貯金は76万円になる予定でした。

ところが、子供が出来たため奥さんが働けなくなり、
収入が下がり、予定ほど貯金が出来ません。

そうすると、子供が大きくなるまで教育費が貯められません。
出来ればもう一人子供が欲しいと思っているのですが、
現状でもいつか赤字になりそうです。

この場合、住宅購入による経費の増加、
奥さんの退職による収入減少をライフプランに組み込んでいなかったため、
予想と違う結果になってしまっているのです。

最初から、収入減少がわかっていれば、もっと安い住宅を検討したり、
住宅購入時期を延ばすなどの対策が取れたはずです。

毎年の年収、支出がわかっていれば、
1年後の家庭の貯金額を出すことが出来ると思います。

まず今年の年収、今年の支出から、1年後の貯金予定額を考えてみましょう。

同時に1年以内の大きな出費を書き出します。
次に来年の年収、来年の支出予定額、来年の大きな出費...
という風にどんどん表を追加していきましょう。

家を買いたい、子供が小学生になる、などイベントがある場合、
○年後にいくら必要、ということがわかると思います。

それまでにいくら貯めておくべきかわかれば、
年間いくら貯金しなければならないか、月あたりいくら、
ボーナスをいくら貯金すればその金額になるのか、など具体的な目標が見えてきます。

 1.家計の見直し

 2.人生の3大出費

 3.年収と貯蓄

 4.月収と貯蓄

 5.ライフプランと貯金

 6.家計簿

 7.支出の見直し

 8.予算を立てる

 9.項目別見直し

10.家計見直し例

11.まとめ

Copyright © 2010 家計の見直しN@VI. All rights reserved