今の年収と貯蓄を把握しましょう

ライフプランとは、これからの人生の設計図のようなものです。

「いつ頃、どのくらいお金が必要になるのか」
「それに対し、自分の収入はどれくらいになりそうか」
これを考えることで、最終的には毎月どのくらい貯金すればいいのかを
計算することが出来ます。

予想される支出に対して収入が少なければ、
ライフプランの見直しが必要になってきます。

具体的には、「住宅購入の予算を下げる」「車を買う時期をずらす」
「毎月の生活費を節約する」などになりますね。

逆に、収入が十分あるとわかった場合、
節約をちょっとゆるめて「家族旅行で思い出を増やす」
「子供の私立入学を検討できる」などの余裕を考えることが出来ます。


そのために、まずは現在の年収と支出を把握してみましょう。
年収には額面年収(会社から支給された総額)と
手取り年収(給与から税金等を引いた金額)があります。

額面年収は、毎年勤務先から交付される「源泉徴収票」で確認できます。
また、源泉徴収票を元に計算すると
(額面年収-所得税-社会保険料-住民税=手取り年収)、手取り年収が出せます。

計算が難しい場合は、給与が振り込まれている通帳から、
一年分の給与・ボーナスを足してみましょう
(財形貯蓄や生命保険料などが天引きされている場合はその分を考慮しましょう)。

年収が把握できたら、次にどのくらい貯金できたかを調べてみます。
簡単に言えば、手取り年収-年間生活費=年間貯蓄です。
わからない場合は、通帳残高を去年の通帳を比べてみて概算を出してみましょう。

あなたの家計は、年いくら貯金できる家計でしょうか?
これによって、ライフプランにも差が出ます。
年100万貯金できる家計なら、少しいい住宅が買えるかもしれません。
また全く貯金できていないのなら、将来の出費のために、
毎月の生活費等を見直す必要があります。

現在の貯金ペースを把握すれば、
今後いくら貯金していけばいいか考えることが出来ますね。

 1.家計の見直し

 2.人生の3大出費

 3.年収と貯蓄

 4.月収と貯蓄

 5.ライフプランと貯金

 6.家計簿

 7.支出の見直し

 8.予算を立てる

 9.項目別見直し

10.家計見直し例

11.まとめ

Copyright © 2010 家計の見直しN@VI. All rights reserved