食費、雑費

次に、食費・雑費について考えてみます。
特に食生活は、生活の基本ですから、削れない部分もあると思います。
豊かな日常と節約の兼ね合いを考えて、無理のない計画を立ててみましょう。

・食費

まず食費ですが、食に対する考え方や、
食費に含む項目などは家庭によって大きく違ってきます。
簡単に分けてみると、こんな項目になるかと思います。

 ・食材費(自炊)
 ・外食費
 ・飲料費(酒類、ジュース類、ミネラルウォーター等)

この中では食材費の部分が一番削りにくい部分かと思います。
外食の回数を減らしたり、お酒を少し我慢したり...という節約が手早く結果が出ます。
お米や野菜を実家などから分けてもらうことが出来れば助かりますね。 

食材については、まずは使わずに賞味期限が来たり、
傷んでしまって捨てるものがないか考えてみましょう。

食材を余らせてしまっている場合、買い物のやり方を考えてみることで、
改善できることがあります。

 ・一週間分の献立を考えて、特売の日にまとめ買いする(余計なものを買わない)
 ・毎日の予算(一日1000円)を決めて、それ以上は買わない。
 ・冷蔵庫の中身をメモしてから買い物に行き、お店で食材を使い切れるメニューを考える

など、自分に合った買い物方法を試してみましょう。

・雑費

雑費というのは、使途不明金になりやすい項目です。
たとえば、日用品、美容費、被服費、交通費、こども費などが混ざってしまい、
何にどれくらいお金がかかっているかわからない場合があります。

雑費の内訳を考え、それぞれの適正予算を決めましょう。
月当たりの予算を決めることで、買い物の頻度や金額などを押さえることが出来ます。

 1.家計の見直し

 2.人生の3大出費

 3.年収と貯蓄

 4.月収と貯蓄

 5.ライフプランと貯金

 6.家計簿

 7.支出の見直し

 8.予算を立てる

 9.項目別見直し

10.家計見直し例

11.まとめ

Copyright © 2010 家計の見直しN@VI. All rights reserved